費用面の問題

かわいい家

同じ業種の居抜き物件を利用することにより、開業時に設備や空間をあまり変える必要もありません。ですが人によっては前の店舗と比べられてしまう場合があるので、少し工夫した作りにすることも大切です。

Read more

料金を支払う

古い家

マンション経営をしたらマンション管理会社に依頼することで様々なサービスを行なってくれます。その中でも便利なサービスとして一括借り上げを行なうサブリースがあります。サービスの利用をすることにより管理会社へ費用を支払わなければなりません。

Read more

工場の活用

カジュアルな店

企業が一から工場を購入して運営するとなると膨大な金額がかかってしまいます。そこで貸工場を利用することにより購入するよりも費用負担を減らすことができます。インターネットから工場の情報収集をすることができます。

Read more


店舗の利用

空き家

インターネットを使う店であれば光ファイバーがついた賃貸物件を選びたいものです。テナントをこだわりの条件から探し当てることもできます。

渋谷の賃貸オフィス情報なら|リアライズ

居抜きという言葉をご存じでしょうか。飲食店などの店舗の売買でよく耳にする言葉になります。そのテナントを退店にあたって、内装や備品を新しい借主が引き継ぐことのできる物件のことをいいます。飲食店にはキッチンやテーブル、椅子、食器類等の設備・備品が欠かせませんので、これらのものを準備しなくていいので準備資金が安く済むのが魅力です。そんな居抜きの歴史とはどういったものなのでしょうか。近年居抜き物件が急速に発展してきた背景には、なんといってもその開店資金面でのメリットが挙げられると思います。なるべく開店資金を抑え店舗をオープンしたいという借主と、売る側にもメリットがあるので双方の思いが合致し発展を遂げてきました。

今でも非常に人気のある居抜き物件ですが、今後はよりその需要は高まるのではないでしょうか。最近の飲食店の世界の競争はより一層激しくなっています。味はもちろんのこと、価格も勝負の大事な要因となります。その価格を抑えるためにも居抜き物件の活用は非常に重要なのです。新たにキッチンや備品を準備するとなると数百万という単位でお金が必要になります。そこを削ることができるととても大きいですよね。居抜き物件ではそのままの状態で引き渡されるため、店内のレイアウトなどに制限ができてしまいます。しかし、同じ業態の店を出すのであれば問題はないと思います。以前の店舗に来ていたお客さんをそのままゲットできる可能性も秘めているのですから、今後も人気は続くでしょう。

形態が異なるオフィス

カフェ

賃貸オフィスなら購入するよりも安い価格で利用をすることができます。狭い部屋なら広い部屋よりも費用を安くすることができます。条件によって金額が異なるので、シェアオフィスにすると更に費用を低くできます。

Read more

経済の変化

洋服店

アベノミックス効果の影響で日本の経済が回復の兆しにあります。昔はテナント誘致が多かったですが、現在は貸事務所の利用をする人が増えてきています。需給の偏りは昔よりも改善されている傾向にあります。

Read more